1 試験の種類

 網猟、わな猟、第一種銃猟、第二種銃猟免許のいずれについても、次の3種類があります。

(1)知識試験

 鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法令、猟具の構造や取り扱い、鳥獣の形態や生態などに関する、三肢択一式の合計30問の筆記試験。70%以上の得点が合格。

(2)適性試験

 視力、聴力、四肢の屈伸等の運動能力に関する試験。一定の基準以上であれば合格。

科 目 合 格 基 準
視力 一. 網猟免許又はわな猟免許に係る適性試験にあつては、視力(万国式試視力表により検査した視力で、矯正視力を含む。以下同じ。)が両眼で0.5以上であること。ただし、一眼が見えない者については、他眼の視野が左右150度以上で、視力が0.5以上であること。
二. 第一種銃猟免許又は第二種銃猟免許に係る適性試験にあつては、視力が両眼で0.7以上であり、かつ、一眼でそれぞれ0.3以上であること。ただし、一眼の視力が0.3に満たない者又は一眼が見えない者については、他眼の視野が左右150度以上で、視力が0.7以上であること。
聴力 10メートルの距離で、90デシベルの警音器の音が聞こえる聴力(補聴器により補正された聴力を含む。)を有すること。
運動能力 狩猟を安全に行うことに支障を及ぼすおそれのある四肢(し)又は体幹の障害がないこと。ただし、狩猟を安全に行うことに支障を及ぼすおそれのある四肢(し)又は体幹の障害がある者については、その者の身体の状態に応じた補助手段を講ずることにより狩猟を行うことに支障を及ぼすおそれがないと認められるものであること。

(3)技能試験

●網猟・わな猟の場合
 法定猟具(網・わな)であるかどうかの判別、猟具の架設、鳥獣の種類等の判別に関する試験。採点は、減点式で行われ、70%以上の得点が合格。

●第一種銃猟、第二種銃猟の場合
 猟具(各銃器)の操作方法、あらかじめ決められた距離の目測、鳥獣の種類等の判別に関する試験。採点は、減点式で行われ、70%以上の得点が合格。

狩猟免許の種別 課  題
網猟 一. 銃器及びわな以外の猟具を見て当該猟具の使用の是非を判別すること。
二. 鳥獣法施行規則第2条第2項に掲げる猟具(網猟で使用できる猟具)の1つを架設すること。
三. 鳥獣の図画、写真又ははく製を見てその鳥獣の判別を瞬時に行うこと。
わな猟 一. わなを見て当該猟具の使用の是非を判別すること。
二. 鳥獣法施行規則第2条第3項に掲げる猟具(わな猟で使用できる猟具)の1つを架設すること。
三. 鳥獣の図画、写真又ははく製を見てその鳥獣の判別を瞬時に行うこと。
第一種銃猟 一. 銃器(空気銃を使用する銃器を除く。)を模した物(次号から第四号までにおいて「模造銃」という。)について点検、分解及び結合の操作を行うこと。
二. 模造銃に模造弾を装てんし、射撃姿勢をとつた後模造弾の脱包を行うこと。
三. 二人以上で行動する場合における銃器の保持及び携行並びにその受渡しを模造銃を用いて行うこと。
四. 休憩の際必要な銃器の操作を模造銃を用いて行うこと。
五. 空気銃を模した物について圧縮操作をし、弾丸を用いないで装てんの操作を行つた後射撃姿勢をとること。
六. 距離の目測を行うこと。
七. 鳥獣の図画、写真又ははく製を見てその鳥獣の判別を瞬時に行うこと。
第二種銃猟丙種 一. 空気銃を模した物について圧縮操作をし、弾丸を用いないで装てんの操作を行つた後射撃姿勢をとること。
二. 距離の目測を行うこと。
三. 鳥獣の図画、写真又ははく製を見てその鳥獣の判別を瞬時に行うこと。