1.狩猟免許

猟友会の講習会費用
  ・狩猟免許試験の受験料 約5千円(免状の交付費用を含む)
  ・猟友会講習会の受講料 約1万円(都道府県によって異なる)

※参考「銃の所持許可の取得に係る費用」
  ・猟銃等講習会     約6千円
  ・教習射撃        約5万円
  ・銃の所持許可申請手数料等 約1万4千円
  ・他、猟銃等の費用   約4万5千円~)

2.道具等

ウェアや用具など、狩猟に必要とされる基本的な道具等を紹介します。最初からすべての道具が必要ではない場合が多いです。また、釣りや登山用のアウトドア用品で代替できる場合もあります。狩猟経験者のアドバイスなどを参考に、自分の狩猟スタイルにあった道具などをそろえるとよいでしょう。
狩猟の基本スタイル
品目 価格 備考
銃関係 10万円~

散弾銃(水平2連銃、上下2連銃、半自動銃など)、ライフル銃、空気銃などがある
(中古銃は約5万円~)

装弾(32g実包) 1発
約80円~
通常は25個入りのケース販売
ガンロッカー 3万 銃の自宅保管用
装弾ロッカー 1万円 実包の自宅保管用
洗い矢 4千円 銃の掃除用
潤滑油 1千円 銃の手入れ用
銃カバー・ケース 3千円~ 銃の運搬、携帯に使用
スリング(負革) 3千円~ 銃を肩に掛けるためのベルト
弾帯 3千円~ ベルト状の携帯用の弾入れ
わな
 関係
網やわな 数千円~
数十万円
網や箱わななど、色々な種類がある。
名札 数百円~ 網やわなにつけるネーム標識
ウェア
 関係
コート 数千円~ 寒気や雨などから身体を保護
帽子 3千円~ 目立つ色による誤射防止、ケガの防止
狩猟用ベスト 1万円~ 目立つ色による誤射防止
数千円~ 防寒、滑り止め及びケガ防止
手袋 1千円~ 防寒、銃の操作の際の滑り止め
 ※猟友会会員になると、帽子とベストが無料で配布されます。
 ※クレー射撃をする場合には、この他に、イアープロテクター(約8千円~)、射撃用チョッキ(約1万円~ )などが必要になります。

3.実猟

 実際に狩猟をするときには、弾代や交通費などの他に、狩猟者登録費用等が必要です。
・狩猟者登録料&入猟税等  ~約1万9千円(1都道府県当たり)
  (放鳥獣猟区のみ利用の場合は、1都道府県当たり約7千円)
・大日本猟友会・都道府県猟友会等の会費(狩猟事故共済保険料を含む) 約1万数千円(入会する場合)
・弾代 散弾(32g)   1発80円~

※猟区や放鳥獣猟区を利用する場合は、この他に、約数千円~3万円の利用料金やガイド料が必要です。
※クレー射撃は、プレー代1ラウンド(クレー25枚)が2千円前後。通常、1回当たり3~5ラウンドをプレーする人が多いようです。弾代(24g)は、1発40円~です。

★「猟犬」

 本格的に狩猟を楽しもうする場合には、猟犬が必要になってくることが少なくありません。狩猟(銃)の猟果は、「1犬、2足、3鉄砲」によって決まるともいわれています。
 猟犬は、大きく鳥猟犬、獣猟犬に区分されます。また、同じ鳥猟犬でも、山岳猟や水鳥猟などの目的によって犬種が異なります。獲物の匂いをとることや、飛び立たせるタイミングなどは、日頃の訓練によって鍛えられていくものです。よく訓練された猟犬が、キジなどの鳥を匂いで察知した時のポイント姿勢は精悍で、何ともいえない魅力を持っているといわれています。

猟犬の種類(鳥猟犬・獣猟犬)