1 概要

 狩猟をするためには、まず第一に、住所地の都道府県知事が行う狩猟免許試験に合格し、狩猟免許を取得することが必要です。この狩猟免許は、使用できる猟具の種類に応じて4種類に分かれています。猟具として網を使用できる網猟免許、わなを使用できるわな猟免許、散弾銃・ライフル銃・空気銃を使用できる第一種銃猟免許、空気銃を使用できる第二種銃猟免許の4種類です。

免許の種類 使用できる猟具(法定猟具)
網猟
(むそう綱、はり網、つき網、なげ網)
わな猟 わな
(くくりわな、はこわな、はこおとし、囲いわな)
第一種銃猟 装薬銃
(ライフル銃・散弾銃)、空気銃
第二種銃猟 空気銃


2 受験資格

 狩猟免許は、20歳以上の国民なら誰でも手にする道が開かれています。ただし、次のような人は受験資格がありません。狩猟免許の有効期間は約3年です。
※狩猟免許を受けることができない人

①20歳未満の者
②精神障害、統合失調症、そううつ病(そう病及びうつ病を含む)、てんかん(軽微なものを除く)などにかかっている者
③知的障害又は、麻薬、大麻、あへん又は覚せい剤の中毒者
④自分の行為の是非を判別して行動する能力が欠如又は著しく低い者
⑤鳥獣法又は鳥獣法の規定による禁止若しくは制限に違反し、罰金以上の刑に処せられ、その刑の執行を終り、又は執行を受げることがなくなった日から3年を経過していない者
⑥狩猟免許を取り消された日から3年を経過していない者
⑦狩猟免許試験で不正を行い、狩猟免許試験の受験が禁止されている期間中の者

 なお、狩猟免許を持っているだけでは、実際に狩猟を行うことはできません。毎年度、狩猟をしたい場所の都道府県知事に、狩猟者登録の申請をする必要があります。また、銃を使用するためには、狩猟免許等とは全く別の手続きとして、警察から猟銃などの所持許可を受けなければなりません。

☆「狩猟免許と銃の所持許可との関係」

 鳥獣の保護及び狩の適正化猟に関する法律(鳥獣法)に基づき、網・わな猟免許を取得すれば、網やわなを使用して狩猟ができるようになりますしかし、第一種銃猟・第二種銃猟免許を取得しただけでは、銃を使用して狩猟をすることはできません。銃を使用するためには、別に銃砲刀剣類等所持取締法(銃刀法)に基づく「銃の所持許可」が必要です。

種類 根拠法令 窓口 監督官庁(国)
狩猟免許 鳥獣法 都道府県庁 環境省
銃の所持許可 銃刀法 都道府県の公安委員会 警察庁

なお、この2つの手続きは、全く別の関係を持つ手続きです。どちらから先に取得しても良いし、どちらか一つだけを取得してもよいです。現実には、この2つの免許や許可をほぼ同時期に取得する人が多いようです。また、銃の所持許可を受けてクレー射撃やライフル射撃のみを長年楽しんでいた人の中には、途中から狩猟免許を受けて狩猟をはじめる人もいます。

取得している資格 できること
狩猟免許のみ取得 狩猟(銃)もクレー射撃もできない
銃の所持許可のみ取得 クレー射撃ができる
狩猟免許&銃の所持許可を取得 狩猟(銃)、クレー射撃ができる