来年度の政府予算案が決定し、狩猟関係については、農水省の鳥獣被害対策総合交付金と環境省の指定管理鳥獣捕獲等事業費が、今年度の第三次補正予算案と併せ、次の通り大幅増額の結果となりました。

・農水省鳥獣被害防止総合対策交付金
 令和2年度予算額 100億円 → 決定額 159.6億円(第三次補正を含む。)

・環境省指定管理鳥獣捕獲等事業費
 令和2年度予算額 23億円 → 決定額 25億円

これも11月12日に二階自民党幹事長(鳥獣議連会長)や野上農水大臣等を来賓にお迎えして全国町村会館において開催した「鳥獣被害防止集中捕獲キャンペーン決起集会」や、日頃からの本会活動の成果であり、特に決起集会に参加いただいた都道府県猟友会の方々には、改めて御礼申し上げます。