7月29日、北海道森林管理局・北海道・北海道猟友会の3者連名により、「北海道における令和元年度狩猟期間の対応について」の記者発表がありました。


これによると、北海道の国有林及び道有林においては、昨年11月に発生した誤射による狩猟死亡事故後の再発防止取組の実情等を踏まえ、平日は一般狩猟を禁止(有害鳥獣捕獲は可能)にするとのことですので、本年度狩猟期間における一般狩猟は、土・日・祝日・年末年始のみ可猟となります。

本措置につきましては、北海道内の狩猟者に限らず、北海道を訪れようとする全国の狩猟者に関連する事柄であるものの、事前に本会に対する意見聴取等はありませんでした。
大日本猟友会では、林野庁当局に対し、事前の意見聴取等がなかったことは遺憾であるとともに、北海道以外の狩猟者の状況や意見が考慮されていないこと、事故防止対策が不明であること等から、納得し難い旨を伝えておりますので、お知らせいたします。

詳細は、下記リンク先の北海道森林管理局HPでご覧になれます。



http://www.rinya.maff.go.jp/hokkaido/apply/nyurin/190729.html