大日本猟友会では、1月30日自民党本部において、第3回「自然と農山村を守る狩猟のつどいージビエを食べて中山間地を守ろう!ー」を開催し、多くの政府与党国会議員や関係省庁の方々に、狩猟の意義・必要性や猟友会の取組みなどについて広報活動を展開しました。

 冒頭の佐々木洋平会長の主催者挨拶に続き、二階自民党幹事長(鳥獣議連会長)、井上公明党副代表、吉川農水大臣、加藤自民党総務会長、菅官房長官(ジビエ利用拡大関係省庁連絡会議議長)らからもご挨拶をいただき、猟友会や狩猟者に対する鳥獣被害対策やニホンジカ・イノシシのジビエ利活用への大いなる貢献への期待などが表明されました。
 また、東京都猟友会の方々が模擬銃による銃猟、㈱スカイシーカ―がドローンを用いた野生動物調査手法の紹介を行うとともに、東京・京橋のフレンチ名店・シェイノのご協力により、エゾシカと野鴨(マガモ・カルガモ)料理を参加者の皆さんに提供し、ジビエ利用並びに狩猟の重要性への理解を深めていただきました。


第3回「自然と農山村を守る狩猟のつどい」写真

https://www.jimin.jp/news/activities/138885.html