この度の豪雨災害で浸水等の被害に遭われた本会の構成員(会員)の皆様には
心より見舞い申し上げます。

 大日本猟友会では、半壊以上の被害を受けられた構成員の方には、災害見舞金を
支給致しますので、所属の府県猟友会にご連絡ください。
なお、申請には被災証明書(コピー)が必要となりますのでご準備ください。
 また、災害救助法の適用地域(11府県61市37町4村)に居住される方などには、
銃砲所持許可等の有効期間が本年11月30日まで延長されることになりました。
詳しくは、所属の府県猟友会又は公安委員会(警察署)にお問い合わせください。
具体的な銃刀法関係の有効期間の延長は、別紙の警察庁生活安全局保安課長通知を
ご参照ください。

 一刻も早い復興をお祈り致しますとともに、引き続き狩猟を続けていただける
ことを願っております。


平成三十年七月豪雨に伴う特定非常災害特別措置法の基づく措置について