自民党鳥獣議連(会長:二階幹事長)後援でのオープニング

 1月31日(火)、東京・自民党本部において自民党鳥獣議連(会長:二階幹事長)の
後援により、「第2回自然と農山村を守る狩猟のつどい ―ジビエを食べて中山間地
を守ろうー」を開催し、狩猟とジビエ利活用の推進についてのPR活動を展開しました。

 オープニングでは、当会・佐々木会長が挨拶を行い、続いて二階自民党幹事長、
菅内閣官房長官、井上公明党幹事長にご挨拶をいただき、岩手県の「花泉出前
餅つき隊」による餅つきを行いました。
 また、我が国フレンチ界の重鎮である「シェ・イノ」井上旭シェフによるエゾシカを
使ったテリーヌ、コンソメ、ロースト、ワイン煮込み、カレーなどのジビエ料理を提供し、
とても美味しかったと大好評でした。
 他に、模擬猟銃の体験やドローンの展示、作者緑山のぶひろ氏も参加したカドカワ
コミック「罠ガール」(好評につき増刷中)の販売などを行い、多くの国会議員や関係
省庁の方々にご来場いただきました。

(PDF)当日の様子