平成22年11月より、東京農工大学大学院の梶教授を座長に、有識者、地方自治体、マスメディア、等の幅広い方々のご参加を得て、狩猟の社会的意義、環境への貢献、国民の狩猟に対する理解を深めるためにはどうすべきか、等を論議していただく場として、「狩猟と環境を考える円卓会議」がスタートいたしました。

 平成23年6月まで5回にわたって、狩猟、環境、担い手などについて活発な意見交換が行われ、今般、その「狩猟と環境を考える円卓会議」の成果としての『提言書』が公開されましたので、本HPに掲載いたします。是非とも、ご一読下さい。






提言書全文はこちらをクリック